top of page
  • fundodai

報告レポート:第48回国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN2023」に出展しました。2022年3月7~10日(全醤工連ブース内)

更新日:2023年3月29日


この度、東京ビックサイト(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)にて、第48回国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN2023」が開催されました。昨年に引き続き、全国醤油工業協同組合連合会(全醤工連ブース内にてフンドーダイ商品を出品、展示案内いたしました。


来場登録者数、昨年より218%増!73,789名が来場しました。


今回はコロナが緩和されたこともあり来場者数が増加、4日間で73,789名の来場登録を記録し、昨年の33,726名から大幅にアップしました。私たちの出展ブースにもたくさんの方々が来場されました。

全醤工連ブースでは全国から醤油蔵が集結、フンドーダイは海外提案商品である透明醤油をはじめ、新商品の海外専用トリュフ醤油も展示いたしました。また、参考出品としてはハラール取得に向けた新商品サンプルを展示、様々なニーズに合わせた調味料をご紹介いたしました。

FOODEXは国内だけでなく海外からの出展も多く、世界各国のブースで食の提案が行われました。フンドーダイコーナーでも多くの海外バイヤーにお越しいただき、透明醤油、九州甘口醤油、透明醤油でつくった柚子ぽん酢などに関心を持っていただきました。また、試飲や試食を通じて「美味しい」と高評価もいただきました。


期間中、テレビ朝日の報道番組Nスタから取材依頼がありました!


取材を受ける海外事業部担当の畠中さん(左)。透明醤油のニーズについてお伝えさせていただきました。

放送は3月8日にFOODEX JAPAN2023のリポートとしてNスタ番組内にてご紹介いただきました。また、同時にヒルナンデス他2社のメディア様より透明醤油を取材していただきました。


透明醤油は海外では25か国輸出。日本の醤油の味を様々な料理に応用できる透明醤油は現地の日本料理店だけでなく地元の料理店にもご利用いただいています。醤油の「UMAMI」が海外で高く評価されています。


全醤工連ブース(右)に大きな木樽のある醤油ブース(左)が隣接し、昔ながらの伝統製法でつくる全国の醤油蔵が自慢の逸品を紹介、多くの方にお立ち寄りいただきました日本の伝統調味料をしっかりと海外へアピールするFOODEX JAPAN2023は大いに盛り上がり幕を閉じました。


フンドーダイコーナーへお立ち寄りいただいた皆様、誠にありがとうございました。



閲覧数:204回0件のコメント

最新記事

すべて表示

使用原料(紅麹関連)に関するご案内

弊社が製造・販売する商品において、添加物に使用している紅麹色素、着色料(紅麹)は問題となっている紅麹原料を一切使用しておりません。 使用している原料については、食品添加物公定書に則った原料を使用しており、食品添加物公定書の純度規格にも適合していることを原材料購入先に確認が取れておりますので、安心してご使用ください。

Comments


bottom of page